タワーマンションのデメリットや住み心地

タワーマンションのデメリットとは?

タワーマンションとは、タワーのように高く上に伸びた超高層マンションのことです。(略してタワマンと言う人もいます)建物の高さは地上60m以上、階数に換算してだいた い地上20階以上のマンションになります。このタワーマンションあるいは超高層マンションには、「眺望がいい」「近隣の目を気にしなくていい」「日当たりがいい」などメリットはたくさんある反面、デメリットもあります。タワーマンションに住んでから後悔しないためにも、このデメリットはしっかり押さえておきたいですね。


デメリット1.当たり前ですが、高所恐怖症の人は住めません。
デメリット2.タワーマンションは耐震構造ではなく制震構造、免震構造です。だから地震が起きたときには、倒れないように地震に合わせて揺れるようになっています。風の影響でも微妙に揺れを感じるマンションもあります。揺れることが大嫌いな人も住めないと言えるでしょう。


デメリット3.タワーマンションや超高層マンションでは窓が開けられないマンションがよくあります。また開閉できても、少し風が強いときには窓を開けられません。建物自体がビル風を起こしやすくなっているためバルコニーがあっても洗濯物は干せません。(この風の強さは建物の形状や階層によって大分違います)



デメリット4.地震に備えて棚などを固定をするためのビスなどが壁に打てません。タワーマンションだと壁がコンクリートではなく乾式壁でアンカーが打ちにくく、隣の部屋との壁だと軽量鉄骨に打つことになるのでアンカーが打てません。カッコ悪いのですが突っ張り棒等が必要です。


デメリット5.エレベーターを長く待つときもあります(タワーマンションによります)
デメリット6.高層階の日当たりの大変良い部屋だと、UVカットシートを貼った窓ガラスを入れていても部屋の壁紙や箪笥が日焼けをするほどの陽射しがあります。また日差しが良すぎると夏は24時間クーラーが必要となる場合もあります。


デメリット7.高層階でも、窓を開けると外の声や音が意外なほど大きく聞こえてくるときもあります

タワーマンションのメリットや住み心地のいい点は?

いろいろデメリットもあるタワーマンション(超高層マンション)ですが、東京、横浜、大阪、福岡を始め各地で大変人気があるのには、それ以上のメリットや住み心地の良さがきっとあるはずですね。


■タワーマンション(超高層マンション)ならではの素晴らしい眺望を毎日楽しめます。
■向かい側に何もなければ、1日中カーテンを開けっ放しにしていられます。これは、本当に気持ちのいいことです。
■南向きの部屋だと特に、日当たりが抜群。冬でも暖房がいらないお部屋もあります。北向きでもタワーマンションの高層階だと大変明るく、日中はあまり照明をつけないで済む場合が多いようです。
■タワーマンションの場合、マンション内にゲストハウス(知人などが泊まれる格安有料の部屋)やイベント用スペースなど便利な設備が備えられているところが多くあります。
■タワーマンション内に医療機関や保育園、カフェなど施設が充実している所も多いです。
■タワーマンションは、多くの住人が気持ちよく住めるように利便性に優れ、たとえばゴミ置き場は各フロアに設備してあったり、自転車置き場に各住居から何台でも自転車が置けたりする場合が多いです。


 ▼新築・中古のマンションは、定評のある不動産会社で探しましょう。
  資料請求は無料です。
   >> 住友不動産販売 (HPの上の方にあるエリアを 「関西 北海道 東北 東海
          中国 九州」から選べば、地域が変わります)


 ▼新築マンション探しは、相武紗季さん柳俊太郎さん等のCMで有名な↓も、チェック!
  資料請求は、無料です。    



タワーマンションを選ぶなら

以上のようなメリット・デメリットが言われるタワーマンション(超高層マンション)ですが、これはあくまでも平均的なメリットとデメリットです。本当の住み心地は、あなたが今考えているタワーマンションの駅からの距離や、回りの環境、何階でどの方角に向いた部屋なのかによって違ってきます


また、最初はデメリットが気になっていたのに、駅のそばで、よく調べると住み心地も良さそうだったのでタワーマンションに決めた人もいます。自分にとって何が本当のメリット、デメリットなのかを考え、タワーマンション(超高層マンション)や分譲・賃貸マンションの失敗しない選び方をしたいものです。